カメラで犯罪を抑止する|いつでも駆けつけてくれる|ドア修理はプロに任せよう

いつでも駆けつけてくれる|ドア修理はプロに任せよう

粘土の家と錠前

カメラで犯罪を抑止する

セキュリティカメラ

犯罪を防ぐ効果

防犯カメラを設置することは、泥棒などの犯罪者の侵入を防ぐ意味で効果があります。泥棒は自分の姿を見られることを嫌いますので、防犯カメラが設置されている住宅など、防犯体制がしっかりしている住宅は狙いません。泥棒に狙われにくい住宅にするためには、防犯体制を強化している住宅であることを泥棒に気づかせることが重要になります。そのため、防犯カメラを設置する際に、侵入者に見えないようにカメラを隠してしまっては意味がありません。犯人を捕まえるためには、隠しカメラのようにこっそりと撮影した方がいいと考える人が多いですが、それでは犯罪の抑止力にはなりません。仮に犯人を撮影できても逮捕できるとは限りませんので、できるだけ抑止力の効果があるように設置することが重要です。

目的にあったものを選ぶ

最近の防犯カメラは高性能ですので、四六時中撮影しているわけではありません。撮影時間が長くなれば、記録媒体の容量の問題が生じますが、最近の防犯カメラは動く物体があった場合だけ撮影する機能がついています。そのため、何の動きもない時には撮影されません。そのため、記録媒体がいっぱいになってしまい撮影できないという危険もありません。また、夜間でも高画質で撮影できるものが増えています。画質は価格にもよりますが、通常の防犯カメラで必要な画質は、低価格のものでも十分に備えています。また、様々なメーカーからカメラが販売されていますので、カメラの性能や価格、使用方法など、実際に使用する条件に合わせたものを選ぶことができます。